• ホーム
  • フィナステリド服用で性機能障害になる?

フィナステリド服用で性機能障害になる?

ハゲ始める男性

フィナステリドは男性ホルモンの分泌に意図的に働きかける成分です。
そのため、男性型脱毛症治療に使用される治療薬の多くに含まれています。
男性型脱毛症の多くは、男性ホルモンと特定酵素が結びつくことによって発症するため、そこに働きかける作用を持ったフィナステリドは高い効果を期待することができると言うわけです。
フィナステリドはもともとは医療現場で使用されていた成分です。
ですから、ある程度の安全性は保証されています。
ただし一方で、副作用の可能性が全くないとは言い切れないとも言われている成分です。
その一例として、たとえば肝機能障害が挙げられます。
フィナステリドを含んだ治療薬は、内服薬として服用することが一般的なため、どうしても肝臓機能への負担を避けることはできません。
そして性機能障害も副作用のひとつです。
男性の性機能と男性ホルモンには密接な関係があります。
フィナステリドは男性ホルモンに作用するわけですから、こうした副作用が起きてしまいます。
たとえば、勃起不全、勃起時間が持続しないなどのいわゆるEDと呼ばれるような症状、また勃起するために必要な性欲の減退などが、性機能障害に該当する症状としてはあります。
性欲減退から始まって、たとえば乳房が大きくなる、濃かった体毛が薄くなると言った、体が女性に近づいていくような副作用があらわれたケースもあります。
また精液の量が減少すると言うのも、副作用のひとつです。
そのため射精の際に痛みを伴うこともあります。
これらの副作用は、いずれも数が少ないながら実際に発症した人がいるものばかりです。
フィナステリドが配合された治療薬を服用する際には、頭に入れておく必要があります。
またフィナステリドの性機能障害の副作用は、母体にいる胎児にも起こり得ることです。
周囲に妊娠を目指している女性や妊娠中の女性がいる場合は、フィナステリド配合の治療薬の扱いには十分な配慮が必要です。

関連記事