• ホーム
  • フィナステリドとミノキシジル併用について

フィナステリドとミノキシジル併用について

ハゲの男性

男性型脱毛症の場合はフィナステリドを利用して対策をするのが有効とされています。
男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという成分によって脱毛が促進されてしまうのですが、フィナステリドには脱毛の原因になっている成分を増加させない働きがあります。
ですからフィナステリドを利用する事で脱毛を発生させ難くする事ができるのです。
また、ジヒドロテストステロンは毛周期を乱して脱毛を促進させていますが、フィナステリドで脱毛物質の増加を抑える事で毛周期も正常化します。
その為、脱毛し難くなるだけでなく毛周期が正常化し、丈夫な毛髪が育ち易い地盤も取り戻す事ができるのが特徴です。
ただフィナステリドを利用すれば発毛できるのかと言えばそうでもありません。
その理由はフィナステリドは発毛作用がある薬ではないからです。
あくまでも上記に挙げたような効果しかない薬ですので、脱毛予防程度の効果しか期待する事はできません。
ですからフィナステリドを飲んでいても、薄毛を遅らせる事はできるものの、発毛させて薄毛を改善できる訳でもないのです。
しかしながらプラスしてミノキシジルを利用すれば発毛させる事が可能とされています。
ミノキシジルは発毛効果が高い成分ですが、男性型脱毛症にも有効性が認められている成分であり、強力に発毛を促す事ができるのです。
その為、ミノキシジルを利用する事で発毛ができる確率が高まり、薄毛を改善できるかもしれません。
ちなみにミノキシジルだけを利用すれば発毛できるという訳でもありませんので注意しましょう。
ミノキシジルの効果を発揮させる為にはフィナステリドの存在が必要不可欠であり、両者を併用してこそ相乗効果によって発毛させられますので、男性型脱毛症の場合は以上の二つの薬を利用するのが望ましいと言えます。

関連記事